Touch On Time(勤怠)とMF給与の連携方法

Touch On Time(勤怠アプリ)

マネーフォワード(MF)クラウド給与

の連携方法。

ちょうどクライアントから問い合わせがあったのでUPします。

 

1.Touch On Time で MF給与 連携用の接続文字列(キー)をコピペします

 ※恐らく他の勤怠システムでも接続文字列(キー)出ると思います

20190608追記

接続文字列の作成にはTouch On Time に利用申し込みする必要があります

 

2.MF給与 で 接続文字列(キー)をペーストすれば連携します

 

3.毎月の給与計算時に勤怠データをインポートします

 

以上3ステップで勤怠データの連携完了です。

給与明細にも勤怠(実労働時間や有休日数)情報入ります。

給与が一定の社員さんなんかはこれで十分ですね♪

プラスアルファで支給項目・控除項目・残業手当等割増率設定もすれば、

勤怠データインポート時点で給与額面・社保控除・実支払額などが自動計算されます。

もちろん勤怠台帳や賃金台帳などの作成も自動です。

実労働時間で毎月変動するアルバイトさんの給与なんかも対応可能ですね♪

 

20190618追記

ToT側の従業員コードとMF給与側の従業員コードの一致は必須です。

コード修正の際も注意が必要です。データが上書きされるまで30分~1時間かかります。※実際それくらいかかりました

 

 

 

勤怠アプリと給与クラウドの導入支援

は弊社にお任せください!!

電話・メール・訪問にてご相談に応じます

ユーザー事例/スマホだけでレシートをアップロードする方法

東京都葛飾区の建設業のクライアント様。

社長のお母さまが事務担当者なんですが、経理未経験でPCにも不慣れ。

ということで、スマホだけで経理処理してもらうことになりました。

 

(準備するもの)

SCANSNAP ix500

②スマホアプリ「ScanSnap Connect Application」(無料)※iphoneもandroidも可

③スマホ、クラウドストレージ※今回はグーグルドライブ(無料)

 

(設定手順)※SCANSNAP ix500 のセットアップ手順は割愛

⑤スマホアプリ「ScanSnap Connect Application」をインストール

⑥保存先のクラウドストレージ(ドロップボックス、グーグルドライブなど)を選択

 

(運用手順)

⑦レシートをSCANSNAPにセットする

⑧アプリの「SCAN」を押す

⑨データを確認し、「アップロード」する ※必要に応じてファイル名編集

これで完了♪PC使いません!!

今後はレシートだけじゃなく、請求書やその他書類もアップロードしてもらいます♬

 

SCANSNAPのセットアップも弊社にお任せください!!

IBEX会計(JDL)からMFクラウド会計へのデータ移行

今回は会計事務所からのご依頼で顧問先企業様の会計データインポートを行いました。

久しぶりの岐阜案件です♫(写真は長良川)

 

(依頼内容)

顧問先:JDLを使い続けたい。

会計事務所:マネーフォワードに会計データを入れ、会計管理及び経営管理を行いたい。

 

打合せ2回、約2週間で完了しました。

他ソフト間のデータ移行におけるポイントは「科目」と「コード」になります。

きちんとルールを決めて設定しておけば、移行はスムーズです。