自社でやってみた~法人移転登記~

本社をグローバルゲートに引っ越したこともあり、

名古屋法務局に移転登記手続きをしてきました♪

しかも自分で!!

いつもは司法書士さんにお願いしてますが、

どんなもんかな~と。手数料節約も兼ねて(笑)

意外と簡単でしたので、皆さんの会社でもお試しください♪

 

【準備物】①申請書、②本社移転の決定書、③印紙(今回は3万円分)

 

①申請書

 

②本社移転の決定書

 

【所要時間】書類作成で30分、法務局窓口で30分。計60分。

※法務局付近にコンビニが無く、書類再印刷に別途時間かかりました

※「平成31年6月1日」を「令和元年6月1日」に書き直す時間も別途かかりました

※窓口に提出してから1週間くらいで登記手続き完了し、証明書発行できます

 

【注意点】

法務局に申請書あるもんだと思ってたんですが、無いんです・・・。

とにかく何の書類も無いので、すべて自社で印刷準備する必要あります!!

☆豊橋でセミナー開催しました☆

昨日、弊社が運営支援している

中部エプソン会  の 「消費税改正対応セミナー」

豊橋商工会議所 で開催しました!!

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

次回は7/19(金)に 豊橋カリオンビル にて

年次総会記念講演会 を行います!!

皆様のご参加お待ちしてます♪

 

 

 

Touch On Time(勤怠)とMF給与の連携方法

Touch On Time(勤怠アプリ)

マネーフォワード(MF)クラウド給与

の連携方法。

ちょうどクライアントから問い合わせがあったのでUPします。

 

1.Touch On Time で MF給与 連携用の接続文字列(キー)をコピペします

 ※恐らく他の勤怠システムでも接続文字列(キー)出ると思います

20190608追記

接続文字列の作成にはTouch On Time に利用申し込みする必要があります

 

2.MF給与 で 接続文字列(キー)をペーストすれば連携します

 

3.毎月の給与計算時に勤怠データをインポートします

 

以上3ステップで勤怠データの連携完了です。

給与明細にも勤怠(実労働時間や有休日数)情報入ります。

給与が一定の社員さんなんかはこれで十分ですね♪

プラスアルファで支給項目・控除項目・残業手当等割増率設定もすれば、

勤怠データインポート時点で給与額面・社保控除・実支払額などが自動計算されます。

もちろん勤怠台帳や賃金台帳などの作成も自動です。

実労働時間で毎月変動するアルバイトさんの給与なんかも対応可能ですね♪

 

20190618追記

ToT側の従業員コードとMF給与側の従業員コードの一致は必須です。

コード修正の際も注意が必要です。データが上書きされるまで30分~1時間かかります。※実際それくらいかかりました

 

 

 

勤怠アプリと給与クラウドの導入支援

は弊社にお任せください!!

電話・メール・訪問にてご相談に応じます